葬儀の供養とは、ご先祖様を大切にする為に必要な大事な行事です。怠ったりしない為にも、勉強しておくべき行事です。

故人への感謝を形に 葬儀と供養の作法


Contents
故人への感謝を形に 葬儀と供養の作法

葬儀の供養についてです

葬儀の供養とは、葬儀を行う上で、一番大切な儀式です。ご先祖様となる方を敬う儀式でもあり、マナーを大切にしなくてはいけない事でもあり、人生を生きる上で必須行事の事なので、葬儀を知り、供養を知る事は、人生で必需な事です。まず、葬儀とは何か供養とは何かを知らなければなりません。

まず、葬儀についてですが、葬儀の費用も知る上で必要な事ですが、葬儀のやり方にも知るべき事があります。葬式(そうしき)は、人の死を弔うために行われる祭儀であり、検索しました所、地域や国によって様々な葬儀のやり方があります。

供養とは、死者・祖先に対する追善供養のことであり、宗教に関係無く、弔う為の儀式であり、天国へ行く人にさよならを告げる行事でもあります。実際は、私も葬儀に参加した事がありますが、悲しい事ですけども、泣く事で成仏した人を忘れずに、思い出として、糧として、忘れない為の儀式です。葬儀の供養とは、お金に関係なく、敬うべき祖先を心でサヨナラを告げ、思い出として残しつつ、悲しみを糧にして、その人の人生の素晴らしさを学ぶ機会でもあります。反面教師ではありませんが、人生とは何かを考える機会でもあります。葬儀は人生の道を作るきっかけでもあり、亡くなられた人を弔い、その人の分も人生を謳歌する為でもあり、笑う事は許されませんが、心の中で生きていくためでもあり、悲しみを乗り越えた時に、道が開ける儀式でもあります。私は霊感が強いので、幽霊を感じると、可哀想だなと思ってしまうのですが、霊になったという体験は、死が関係しており、葬儀で供養された霊がどこを彷徨うのか、それは、神様だけが知っていて、私たち人間の知るべき事ではありません。でも、出来ない事があるのが人間なんだと思います。亡くなられた方を弔えば、何かを失ったと思わずに、別の人生を歩んで貰いたいという気持ちも忘れずに、残された人に悲しみだけを残さずに、気持ちの晴れる儀式がしたいですね。

注目リンク