葬儀や供養を単なる通過儀式ではなく、故人を偲びながら家族や親族の絆を確かめ合う機会としての意味を書きました。

故人への感謝を形に 葬儀と供養の作法


Contents

葬儀と供養の現代社会での意義の確認

最近は、先祖という感情が薄れてきているのは、核家族化などの家族や親族間の絆の希薄化が原因なのだと思います。葬儀や供養などにそれは端的に現れているような気がしますが、葬儀などに参加したり、自分の家族親族を送ったりした時に、それはとても感じるところです。昔は地域の人達が葬儀の場合でも集団で協力して送ってくれましたが、最近では葬儀の参加者が数人とか一人とかの場合もめずらしくはないということを葬儀の業者の人から聞いたことがあります。それでも、家族や親族を送るのは残されたものの義務であり、その故人が生きていた証であり、家族の絆の再確認ともなるのでしょう。そのような意味も含めての葬儀と供養になると思います。

また葬儀の後の長い年月の供養でもその供養のたびに、儀式を通して家族や親族、先祖からの家系の価値観の再確認をしながら、自分のアイデンティティを確認する意味もあるのだと思います。僧侶に依頼しながら、自分たちの先祖の供養をすることにより、ひとつの形の確認をすることができるというのが、葬儀や供養の意味でもあると思います。ただ決まっているからその通りにすればいいというのでは、やはり意味が薄れてしまい、せっかくの数少ない家族や親族の集まる場所を絆にできないのではないかとも思います。葬儀や供養は地域により形は違うでしょうが、遠い過去の昔から繰り返されてきた習慣ですので、大切にしていくのが、精神的にも現実的にも良いことではないかと思います。