葬儀を行う際にやるべきことはやはりお供え物などの供養が必要であります。供養にはどんなことが挙げられるか?

故人への感謝を形に 葬儀と供養の作法


Contents

葬儀での供養の義務関連

まず葬儀に欠かせないことは何といっても供養にすぎません。供養は亡くなられた方へのプレゼントのようなものと言って良いでしょう。そうすることにより亡くなられた方が喜んであの世に旅立って行かれるよう我々は見送ってあげなくてはなりません。そういった方法としてはお焼香やお悔やみを行い、心から供養することも大事なことだと思います。時には涙を流すのも好ましいでしょう。ご遺族様はとても悲しんでショック状態な気持ちになっているので、励ましの言葉を言うことも一つの役目にすぎないと思います。

供養は葬儀だけでなく葬儀が終わった後でも必ず供養を毎日してあげることも一つの義務ですね。葬儀では亡くなられた方に最後の挨拶をしてあげる心構えも大切だと思います。特にご遺族は涙を思いっきり流して天国へ旅立たせる見送りの挨拶もしてあげましょう。それも葬儀での礼儀であり、心からの供養でもあると思います。供養は欠かさずに行っておきましょう。

人間誰しも最終的には必ず死という訪れがやってきます。いつ自分が死んでも良いように今の内から心の準備をしておくことも大切です。そのことも考えて葬儀でも同じように仏様に声かけすることも良いでしょう。それも挨拶の供養として行ってみてはいかがでしょうか?供養は葬儀の時だけでなく葬儀や納骨式が終わって仏壇に遺灰を置いたら毎日供養をして仏様にお線香をあげて拝みましょう。そしてお墓にお骨を納めたらその日からお彼岸時にはお墓参りをしてお花とお線香など供養をしてご挨拶をしておきましょう。

注目リンク