相手を適切に供養したいのであれば、葬儀のときに出す香典の書き方や相場の料金を知るべきである。

故人への感謝を形に 葬儀と供養の作法


Contents

供養の考えと葬儀のときのポイント

なくなられた方を供養する意味でお通夜や葬儀に参列する人も多いでしょうが、そのときに悩むこととして、香典の費用などはいったいどれくらいなのか迷ってしまう人も多いでしょう。実際に様々な宗派などによって異なりますし、地域によっては新生活という制度があり、非常に低価格での香典やお返しなしという方法をとっているところもありますが、一般的にその人との人間関係によって変わってくることは事実です。たとえば、会社の同僚なのか、それとも長年教わった教師なのか、それによって大変提供する料金が異なるというのは事実です。たとえば、親戚のおじなどでは1万円から5万円ということですし、仕事関係者では数千円が相場ということも珍しくありません。適切に関係性を考えてからご香典を出すことこそ、正しく相手を見送ることになるといえます。

また、送るときにご香典にしたらいいのか、ご霊前にしたらいいのかなどを迷う方も多いでしょうが、宗教によって大きく異なるので、事前になくなられた方の宗教がどのようなものなのかを把握しておくことこそ重要なポイントであるといえるでしょう。基本的に仏教と新式ではご霊前とするのが一番無難であるといえるので、わからないときにはご霊前にしておくと納得いくでしょう。キリスト教についてはお花料という書き方をしているのが一般的であるといえるので、描くときには注意をしておくことが大切です。出す前にある程度確認してから選ぶと、相手を見送ることが正しく行えると思います。

注目リンク

  • お悔やみの気持ちを弔電で伝えるならFor-Denpo。