人気の競走馬や種牡馬が亡くなると盛大な葬儀が行われ供養しに大勢のファンや関係者が集まります。

故人への感謝を形に 葬儀と供養の作法


Contents

人気の競走馬の葬儀や供養

数日前に競馬で活躍した産駒をたくさん出してきた人気の種牡馬が放牧中の事故で骨折したため安楽死処分になりました。急な訃報に多くのファンや関係者が驚きました。弔いをしたい全国のファンから問い合わせが多数寄せられていますが、現在種付けシーズンであり大勢の人間が集まると防疫上の問題があるので、葬儀はまだ行われていません。献花や供物も受け付けていませんが、弔電や手紙は送ってもいいようです。弔問を断っている代わりに、?養先にある案内所にゴールデンウィーク過ぎまで記帳所を設置しています。すでに近くから遠くから多くのファンが訪れているようです。葬儀は種付けシーズンが終了して墓が完成してから改めて行われるそうです。その時にも全国から多くのファンがお別れをするために集まることと思います。

これまでも人気の競走馬や種牡馬が?養先の牧場で亡くなったり、レース中の事故で予後不良になり安楽死処分になった時には盛大な葬儀が行われてきました。何百人ものファンや関係者が弔いに駆けつけ、人間の一般人より多くの人に送られました。土葬にされた競走馬もいますが、荼毘にふされる方が多いようです。余生を過ごしたり生まれた牧場や競馬場内にある墓や記念碑には、献花や供養に訪れるファンが後を断ちません。なかなか遠くまで供養に行けないファンの方が多いと思いますが、そういうファンでも近所の馬頭観音に手を合わせたりして自分なりに弔っているのだと思います。

注目リンク